― 4月期スタートの新講座【芸術(鑑賞)(1)】 ―
天才仏師・運慶と快慶の仏像
清泉女子大教授 山本 勉、東海学園大准教授 小野佳代
■5〜9月(全5回)
■第1土曜 13:00〜14:30
※7月のみ第2週(7/8)
■12,500円+税
今春、奈良国立博物館で「快慶展」、秋には東京国立博物館で「運慶展」が開催されます。のちの仏像の造形様式にも影響を与えた慶派仏師の仏像の魅力に触れてみませんか。
印象派の巨匠たち
名古屋大教授 栗田秀法


クロード・モネ《印象−日の出−》
■4〜8月(全5回)
■ 第2土曜 10:00〜11:30
■12,500円+税
近代絵画を大きく変貌させた印象派の成立と展開に大きくかかわったマネ、ドガ、モネ、ルノワール、セザンヌの5人の画家に焦点を当て、名作の見どころや制作背景などを読み解きます。
世界シネマ紀行
1980年代の映画スターの魅力
筑波大教授 今泉容子
■4〜9月
※8月休講(全5回)
■第3土曜 13:00〜14:30
■16,000円+税


 特別講座 「映画を読む力3」

■4/15(土)10:30〜12:00
■3,500円+税



ほかの人と違うことに価値がおかれる「個性の時代」。強い個性を演出できる映画スターたちが、どのような映画世界をつくりあげていくかを考察します。
世界のお茶 日本のお茶 文化と美術
徳川美術館参与 佐藤豊三


重要文化財 玉澗筆「遠浦帰帆図」徳川美術館蔵
■4〜9月(全6回)
■第1土曜 15:30〜17:00
■15,000円+税
一本の茶樹から緑茶、紅茶、抹茶などに加工され、世界で飲用されるお茶。世界で独自に形成されたお茶文化と美術工芸品を学びます。
作庭家が解説する
庭園の歴史と鑑賞
(有)重森庭園設計研究室代表 重森千青
■4〜9月(全6回)
■第1木曜 13:00〜14:30
※5月のみ第2週(5/11)
■16,800円+税
ちょっとした決まり事を知るだけで、庭園がより一層深遠な世界になります。写真や図面を例に、庭園鑑賞のポイントを解説します。
ブルーアイランド(青島広志)氏の
音楽の楽しみ方
知っておきたい合唱の名作
作曲家 青島広志
■4/10、5/22、6/12
 7/10、8/7、9/4(全6回)
■月曜 15:30〜17:00
■18,000円+税
滝廉太郎の作品から多人数でしか歌えないロマン派オペラの定番曲まで、合唱作品からこれだけは知っておきたい名作を取り上げます。
太田治子の土曜美術館
小説家と芸術家の愛
作家 太田治子
■4〜9月(全6回)
■第1土曜 13:30〜15:00
■18,000円+税
小説家と芸術家とは不思議な繋がりがあります。今回は中原中也、マリー・ローランサンなどを取りあげます。
ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1963-1965
『プリーズ・プリーズ・ミー』から『ラバー・ソウル』まで
「ビートルズ・ストーリー」編集長 藤本国彦
■4〜9月(全6回)
■第2土曜 13:00〜14:30
■16,800円+税
デビューから解散までに発表されたオリジナル・アルバムを、貴重な音源とともにエピソードもまじえて紹介します。今回は1963年〜65年の6作品。
玉木正之の
「オペラ超入門徹底解説」
モーツァルト『フィガロの結婚』を味わい尽くす!
音楽評論家 玉木正之
■4〜9月(全6回)
■第4土曜 15:30〜17:30
■19,200円+税
フランス革命直前、貴族を馬鹿にしたドタバタ喜劇を素晴らしく美しい音楽でオペラ化したモーツァルト。その過激な作品の本質を徹底解説します。
桃山絵画を
再検討してみよう
美術史家 狩野博幸
■4〜9月(全6回)
■第4金曜 13:30〜15:00
■15,600円+税
桃山時代を絵画の領域から眺め、狩野永徳や長谷川等伯などの画家たちの営為が、いかに時代の動きと連動していたのか、時代と作品の関係を探ります。
※更新の都合により終了講座が掲載されている場合があります。ご了承ください。