― 4月期スタートの新講座【文学・歴史・宗教】 ―

― 文学 ―
『新古今和歌集』
王朝の雅(みやび)を読む
京都産業大教授 小林一彦
■4〜9月※8月休講
■(全5回) 第3木曜 13:00〜14:30
■12,500円+税
※テキスト代別途
雅の世界へようこそ。閑寂の美や世の無常がしみじみとうたわれた『新古今和歌集』。現代の喧噪をしばし忘れて、美しき詩歌の森へ分け入ってみませんか。
アガサ・クリスティを読む
ミステリーの女王、 その世界と魅力
書評家 大矢博子
■4〜6月(全3回)
■第2日曜 13:00〜14:30
■7,800円+税(3回分)
代表作をひもときながら、トリックの分析、小説に登場する英国文化、物語が書かれた背景、映画やドラマの情報などを通して、その魅力に迫ります。
源氏物語の絵と歌
名古屋大名誉教授 高橋 亨
■4〜9月(全6回)
■第1水曜 13:00〜14:30
■12,600円+税
『源氏物語』は、さまざまな形態の絵に描かれ、多くは作中の歌とともに享受されてきました。絵と歌と物語との関連を早蕨巻から順に解説します。
「枕草子」を写本で読む
岐阜女子大名誉教授 塩田公子
■4〜9月(全12回)
■第1・3金曜 10:00〜12:00
■13,200円+税(6回分)
枕草子は、源氏物語のように長く続く話ではなく、短い章段が集まった作品です。原典を活字ではなく、写本で読む楽しさを味わいます。
たかべしげこの 名作文学朗読館
梨木香歩著 家守綺譚・冬中夏草より
女優 たかべしげこ
■4〜9月(全6回)
■第2水曜 15:30〜17:00
■13,800円+税
【梨木香歩ワールド】は、天地自然の「気」たちと駆け出し文士の「私」のユニークな交遊録。豊かな世界が脈々と蘇る梨木ワールドを楽しみます。
「増鏡」を読む
金城学院大名誉教授 中西達治


後鳥羽天皇像伝藤原信実筆
■4月開講1年講座
■第2・4木曜 10:00〜11:30
■13,200円+税(6回分)
後鳥羽天皇の即位から、後醍醐天皇が京都に戻られるまでの、15代150年の歴史が記された「増鏡」。鎌倉時代に生きた人々の息吹を感じ取ります。
六代勝事記を読む
岐阜大名誉教授 弓削 繁
■4〜9月(全12回)
■第2・4金曜 10:30〜12:00
■13,200円+税(6回分)
※テキスト代別途
後鳥羽院が敗れた承久の乱の顛末を儒教的な徳治主義の立場から批判的に総括した著作を読み進めます。
夏目漱石の名作をじっくり読む
漱石ワールドの旅
南山大名誉教授 細谷 博
■4/9、23、5/7、21、6/4、18、
 7/2、16、30、8/6、9/17、24
(全12回)
■月曜10:00〜11:30
■13,200円+税(6回分)
魅力あふれる“漱石ワールド”を旅してみましょう。漱石生誕151年の今年は、漱石の自伝的小説「道草」を読みます。
「方丈記」を学ぶ
東海俳句懇話会「笹」主宰 伊藤敬子
■4〜9月(全12回)
■第2・4金曜10:00〜12:00
■13,200円+税(6回分)
中世の彼らの心の叫びを聞きます。現代に何を伝えているのかを探ります。
辞書編集者のおとなの漢字謎解き
漢和辞書編集者 円満字二郎
■4〜9月(全6回)
■第2金曜 13:00〜14:30
■15,000円+税
漢字には古代の中国人の考え方、それを使いこなす日本人が編み出した創意工夫が見えます。隠された謎を通じ、奥深い世界をご紹介します。
英語で楽しむ『赤毛のアン』
『赤毛のアン』翻訳者 松本侑子
■4〜6月(全3回)
■第4日曜 13:30〜15:00
■8,400円+税
※教材費別途
アンとギルバートの出会い、ギルバートの熱い愛情表現、思春期の心理、幸福な仲直りまでを描いた場面を8つの章から選び、楽しく精読します。
※更新の都合により終了講座が掲載されている場合があります。ご了承ください。