― 7月期スタートの新講座【文学・歴史・宗教(1)】 ―

― 文学 ―
辞書編集者のおとなの漢字謎解き 
漢和辞書編集者 円満字二郎

■7〜9月(全3回)
■第2金曜 13:00〜14:30
■7,500円+税


「駅」は訓読みではなんと読む?実は、私たちが普段使っている漢字の中には、いろいろな謎が隠されています。漢字に関する多くの著書がある辞書編集者が、読めたり書けたりするだけではない漢字の世界へご案内します。
心美人になれる日本語
文筆家 山下景子
■7〜12月(全6回)
■第4火曜 13:30〜15:00
■14,400円+税
四季折々の美しい季節の言葉やふだん使うことは少なくなったけれど魅力的な言葉など、忘れたくない美しい日本語を見直しながら、心豊かに暮らせるヒントを探してみましょう。
松本清張の傑作長篇を読む
早稲田大教授 高橋敏夫
■7〜12月(全6回)
■第4金曜11:00〜12:30
※9月は第3金曜(9/15)
■16,200円+税
松本清張がこの混乱の時代に大々的に復活しています。社会と人間の暗黒をあばきだした独自の社会派推理小説を精読します。
赤毛のアンの世界
『赤毛のアン』翻訳家 松本侑子
■7〜9月(全3回)
■第4日曜 13:30〜15:00
■8,400円+税
作中の描写から「アンの生きた時代」を深く解説します。「アン・シリーズ」全9巻の内容とモンゴメリの生涯を分かりやすくお話しします。
和歌・日記・説話文学の中の不思議な人々
王朝・中世の噺と文学
星美学園短期大名誉教授 草野 隆
■7〜12月(全6回)
■第4月曜 13:00〜14:30
■16,200円+税
王朝の歌物語や中世はじめのころの説話、日記などから、テーマごとに不思議な話や笑い話を読んでいきます。古典の中の噺の世界を垣間見ましょう。
藤沢周平 10のテーマから味わう
早稲田大教授 高橋敏夫
■7月〜12月(全6回)
■第4金曜 13:00〜14:30
■16,200円+税
藤沢周平をじっくり愉しみたい、味わいたい。没後二〇年・生誕九〇年をむかえた藤沢周平を、10のテーマから味わいます。1つのテーマごとに、小説、エッセイなどから選んだ3〜5作品を扱います。
第一期は、作家の原風景から作家の誕生まで。「闇と微光」のイメージ、「乳のごとき」と語られる豊かな故郷、折り重なる苦しみと悲しみを作品に盛る「負のロマン」時代を、作品に即して辿ります。
※更新の都合により終了講座が掲載されている場合があります。ご了承ください。