― 7月期スタートの新講座【文学・歴史・宗教(2)】 ―

― 歴史 ―
日本人の起源
九州大名誉教授 中橋孝博
■7/23、8/27、9/10、10/22、11/26、12/10(全6回)
■月曜 13:00〜14:30
■15,150円+税
日本列島の最古の狩人たちは、いつ、どこから来たのか。その後を継いだ縄文人もまた、研究が進むにつれて逆に謎を深めつつあります。日本人の起源に迫る研究の最前線を紹介します。
城めぐりを楽しもう!
続日本100名城を歩く
城郭ライター 萩原さちこ
■7/14、8/25、9/1(全3回)
■土曜 15:30〜17:00
■7,800円+税
城めぐりに役立つ、城の見方や鑑賞のコツをお話しします。今回は今年4月からスタンプラリーが始まった「続日本100名城」をテーマに、城の立地や構造、軍事的な工夫、歴史などを学びます。
『織田信長文書』を読み解く
歴史作家 桐野作人
■7〜12月(全6回)
■第4木曜 13:00〜14:30
■14,550円+税
信長の生涯で最も苦境にあった元亀争乱。四方に敵を抱えた信長の苦戦、伊勢長島一向一揆の敗北、比叡山延暦寺の焼き討ちなど解説します。
日本の「都」の歴史
同志社女子大教授 山田邦和
■7/27、9/14、9/21(全3回)
■金曜15:30〜17:00
■7,500円+税
国の中心都市である「都(首都)」は、政治・経済・文化の結節点でもありました。歴史の中で「都」が果たした役割を見直します。
井沢元彦の西郷どん 再考
作家 井沢元彦
■7/14、8/18、9/8、10/6、11/10、12/8(全6回)
■土曜 15:30〜17:00
■19,350円+税
西郷隆盛を中心に維新の群像と業績を語ることによって、明治維新150年の意義を再考します。
大河ドラマ「西郷どん」を10倍楽しむ
霊山歴史館副館長 木村幸比古
■7/2、8/6、9/17(全3回)
■月曜 10:30〜12:00
■7,800円+税
西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱「西南戦争」。士族反乱の中でも最大規模で、国内で最後の内戦です。西郷はこの戦争をどのようにみていたか、その謎に迫ります。
大正・昭和の激動政治
太平洋戦争開戦と日米交渉
ー近衛文磨手記を読む
名古屋大学名誉教授 川田 稔
■6/21、7/12、8/9
 平成31年1/10、2/14、3/14(全6回)
■木曜 13:30〜15:00
■6,900円+税(3回分)
残された近衞の手記を読みながら、日中戦争末期から太平洋戦争に至る政治の軌跡を考えます。
ヤマト王権と渡来系氏族
文部科学省初等中等教育局教科書調査官 鈴木正信
■第4土曜 13:30〜15:00
■14,550円+税(6回分)
朝鮮半島からの渡来人や、日本に亡命した高句麗の王族、外交を担当した氏族などに焦点を当てて、古代の日本列島と東アジア世界との関わりを考えます。スライド・ビデオを活用して、初学者向けに解説します。
※更新の都合により終了講座が掲載されている場合があります。ご了承ください。