― 講座の詳細 ―
松本清張の傑作長篇を読む 7〜9月分
講師:
早稲田大学教授 高橋敏夫
松本清張の傑作長篇を読む 7〜9月分(早稲田大学教授  高橋敏夫) 
松本清張がこの混乱の時代に大々的に復活しています。文庫の再刊がなされ、新たなテレビドラマ、映画化がすすむ。今、なぜ松本清張なのか。社会と人間の秘密、暗黒をあばきだした独自の社会派推理小説――重厚でスリリング、怖くて面白い松本清張の傑作長篇を精読します。
7月から始まる6ヵ月講座です。


【カリキュラム予定】

1回目( 7月26日)  ゴルフの聖地で日本人が死ぬ――『セント・アンドリュースの事件』

2回目( 8月23日)  ラオスの黒い霧――『象の白い脚』

3回目( 9月27日)  ヨーロッパが舞台のトラベル・ミステリー ――『黒の回廊』

4回目(10月11日※) グーデンホーフ光子の追跡から見えてくる――『暗い血の旋舞』
 ※講師の都合により、10月25日の代わりに11日に行います。
  時間は15分前倒しで、10:45〜12:15となります。(6/3更新)

5回目(11月22日)  南仏へ、日本の駅伝が世界進出する――『詩城の旅びと』

6回目(12月27日)  清張文学の原点にして遺作――『両像・森鴎外』


※7月から始まる6ヵ月講座ですが、お支払いは7〜9月分と10〜12月分の2回に分けて行います。今後、消費税率が変更となった際、該当月分を新税率にて申し受けます。
講座の概要 
日時・時間帯 第4金曜 11:00〜12:30
回 数 3回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
コース 受講料(税込) 申し込み
  8,910円
     
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。