― 講座の詳細 ―
世界シネマ紀行
実話をもとにした名作映画 1930〜1940年代
講師:
映画・文学研究家/筑波大学教授 今泉容子
ほんとうにあった話を映画化することは、映画界における斬新なアプローチです。
ドキュメンタリと違って、また小説やドラマなどのフィクションを映画化するのと違って、「現実」を映画にするときには特有の規則が出現します。
時代とともに「どんな実話が映画化されるか」という傾向も、変化していきます。
今回のシリーズでは、1930〜1940年代の実話映画に焦点をあてて、その舞台やロケ地となったスポットも鑑賞しながら、世界シネマ紀行の旅に出ましょう。
4月から始まる6ヵ月(5回)講座です(8月休講)。

【カリキュラム】
アメリカ I
『科学者の道』(1935)・・・モデルはルイ・パスツール
『巨星ジーグフェルド』(1936)・・・モデルはフローレンツ・ジーグフェルド

アメリカ II
『若き日のリンカーン』(1939)・・・モデルはエイブラハム・リンカーン
『キュリー夫人』(1943)・・・モデルはマリ・キュリー

アメリカ III
『アメリカ交響楽』(1945)・・・モデルはジョージ・ガーシュウィン
『ジャンヌ・ダーク』(1948)・・・モデルはジャンヌ・ダルク

ドイツ・オーストリア
『別れの曲』(1934)・・・モデルはフレデリック・ショパン
『未完成交響楽』(1942)・・・モデルはフランツ・シューベルト

日本
『小島の春』(1940)・・・モデルは小川正子
『王将』(1948)・・・モデルは坂田三吉
講座の概要 
日時・時間帯 第3土曜 13:00〜14:30
回 数 5回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
関係資料はこちら 資料1
コース 受講料(税込) 申し込み
  17,280円
     
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、入会金が必要となります。
・10月分より上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。