― 講座の詳細 ―
がんサバイバーとして生きる
がんと向き合う、乗り越える
講師:
名古屋市がん相談情報サロン・ピアネット所長 花井美紀, NPO法人ミーネットスーパーバイザー 伊藤和直ほか
がんサバイバーとして生きる(名古屋市がん相談情報サロン・ピアネット所長  花井美紀, NPO法人ミーネットスーパーバイザー  伊藤和直ほか) 
写真…講師:名古屋市がん相談情報サロン・ピアネット所長 花井美紀


がんになっても自分らしくイキイキと暮らすことは、がんを体験したすべての人の理想であり課題です。
「がんサバイバー」とは、がんと向き合いながら自分らしく生きていこうとする人たち、あるいはその生き方を示す言葉。自分のがんを正しく知り、治療や自己管理への対応力を身に付け、がんも一つの貴重な経験値として「がん治療後をいかに生きるか」を、がんのピアサポーター※と共に考えます。
4月から始まる4ヵ月講座です。
【(※)がんのピアサポーター】「ピア」=仲間・同じ立場 ここでは、自身のがん体験を生かして、がんの悩みを抱える人と同じ立場で支援する、約1年間のトレーニングを受けたサバイバー(NPO法人ミーネット所属)を指します。
●対象:がん体験者やその家族


◆第1回(4月23日) がん体験に学ぶ
講師:がんのピアサポーター(がんサバイバー) 、NPO法人ミーネット がんのピアトレーナー
1)体験紹介「がんとの向き合い方〜私の場合」 @患者として A家族として
2)グループディスカッション「がん治療後をどう生きる」
がん告知から現在まで、どのようにがんの悩みや不安を乗り越え、がんと向き合っていけばいいのでしょうか。「人それぞれ」だからこそ、他者の体験に学ぶ意義があります。患者としての立場、家族としての立場から考えます。

◆第2回(5月28日) がんのセルフマネジメントを学ぶ
講師:豊橋創造大学 看護学科准教授 大野裕美
1)自分らしくがんと向き合うためのセルフマネジメント理論を学ぶ
2)セルフマネジメント・プログラムの実施計画をつくる
がんは「こころ・からだ」の両面において、セルフマネジメントが大切であるといわれます。自分自身のあるべき姿を方向付け、そこに至るまでのプロセスを描き、どのように実行していけばいいのかを考えましょう。

◆第3回(6月25日) 「がん体験」を役立てるために
講師:名古屋市がん相談情報サロン・ピアネット所長 花井美紀、NPO法人ミーネット がんのピアトレーナー
1)がん体験を糧として生きること
2)「がんサバイバー・ノート」 私が伝えていけること
がん告知から現在まで、どんな出来事がありましたか。失くしたものは? 与えられたものは? かつての自分と同じ状況にある人たちに、あなたはどんなことが伝えられるかをシートに記入して、そこから新たな一歩を踏み出しましょう。

◆第4回(7月23日) 「がんのピアサポート」を学ぶ
講師:NPO法人ミーネット スーパーバイザー 伊藤和直、NPO法人ミーネット がんのピアトレーナー
1)がんのピアサポートの心得
2)がんのピアサポートを体験してみよう
つらく苦しいことも多々あったと思います。でも、がんを体験したあなただからこそできることがあります。ピアサポートを学び、あなたの体験を、あなたやあなたの大切な人ががんになったとき、ぜひ役立ててください。
講座の概要 
日時・時間帯 第4日曜 10:00〜12:00
回 数 4回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
関係資料はこちら 資料1
コース 受講料(税込) 申し込み
新規 9,936円
継続 8,640円
     
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部講座を除き、入会金が必要となります。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。