― 講座の詳細 ―
8/3ALSとはどんな病気か
講師:
同志社大学特別客員教授 石浦章一
8/3ALSとはどんな病気か(同志社大学特別客員教授  石浦章一) 
筋萎縮性側索硬化症、またはALS、は先ほど亡くなったホーキング博士の病気としても有名です。中年以降に発病することが多く、からだの中の運動神経がおかされて、筋肉を思い通りに動かすことができなくなる病気です。治療法もあまりない難病ですが、我が国には1万人近くの患者さんがいると考えられています。実は、この病気の原因は1通りではないのです。今回の講座では、ALSの発症メカニズムのお話と、先端医療がどのようにこの難病に取り組んでいるかについてまとめてみたいと思います。
講座の概要 
日時・時間帯 指定金曜 15:00〜16:30
回 数 1回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
コース 受講料(税込) 申し込み
 一般 2,916円
 会員 2,700円
     
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、入会金が必要となります。
・10月分より上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。