― 講座の詳細 ―
日本古代国家の形成史
謎の4世紀史を探る
講師:
元名古屋女子大学教授 丸山竜平
日本古代国家の形成史(元名古屋女子大学教授  丸山竜平) 
邪馬台国に次ぐ大和国家の時代は、別に古墳時代前期と位置付けられるが、この西暦四世紀は空白の世紀ともあるいは謎の四世紀とも呼ばれてきた。魏志倭人伝以降、正確な史料の最も欠如した時代であることによる。果たしてこの時代は長い弥生時代を経て始まった古墳文化が、一応の確立を果たした時代とされるが、それは一体どのような社会であり、どのような文化を持つ時代であったのだろうか。四世紀の古墳を手掛かりに日本の古代国家の形成史を紐解いていきたい。

10月25日 埴輪の起源 ―垂仁紀を考える―
11月22日 七支刀を考える ―鉄資源を求めて―
12月27日 佐紀・盾列古墳群と新勢力 ―和邇氏勢力を考える―
1月24日 四世紀の豪族と庶民生活 ―空白の世紀―
2月28日 古墳文化の東西波及と拡大 ―三世紀以降―
3月28日 古墳が語る朝鮮半島情勢
講座の概要 
日時・時間帯 第4火曜 10:00〜12:00
回 数 6回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
コース 受講料(税込) 申し込み
 
15,510円
コース
 
受講料(税込)
15,510円
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。