― 講座の詳細 ―
日本古代初期国家の形成
講師:
元名古屋女子大学教授 丸山竜平
日本古代初期国家の形成(元名古屋女子大学教授  丸山竜平) 
大和において古墳文化が成立する、その過程を追いながら大王の性格を民衆の立場を意識しながら垣間見ておきたい。実年代にして3世紀後半から4世紀半ばまでである。奈良盆地東南部では巨大古墳を中心に多数の古墳が築造される。これら古墳とその副葬品が初期国家の性格解明に大きな役割を果たす資料である。どのような視点から分析するか、皆さんと共にこの半期を考えていきたい。(講師談)
4月から始まる6ヵ月講座です。

◆カリキュラム◆
4月26日 古墳時代草創期から前期へ
5月24日 卑弥呼・台与から崇神天皇へ
6月28日 大王墓群と竜王山 ―天空の王―
7月26日 環濠遺跡から居館・王宮へ
8月23日 鉄器・埴輪・玉の生産と古墳築造体制
9月27日 大王と祭祀王・治水王・軍事王
講座の概要 
日時・時間帯 第4火曜 10:00〜12:00
回 数 6回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
コース 受講料(税込) 申し込み
 
15,510円
コース
 
受講料(税込)
15,510円
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。