― 講座の詳細 ―
邪馬台国時代と日本古代国家の形成期
講師:
元名古屋女子大学教授 丸山竜平
邪馬台国時代と日本古代国家の形成期(元名古屋女子大学教授  丸山竜平) 
倭国に大乱が起こり、弥生時代が終わろうとするころに新たに女王が共立される。卑弥呼の登場である。魏書の倭人伝に断片的ながらその間の状況が読み取れる。
今期は、古代初期国家の形成過程の原点に遡り、世に云うところの邪馬台国論争、とりわけ所在地論争から論究していきたい。最新の考古学的成果を駆使し、全体を俯瞰したい。
10月から始まる6カ月講座です。

10月26日 邪馬台国論争の原点を探る ―倭人伝の読み
11月30日 倭の内部構成と地理的な広がり ―女王国と邪馬台国
12月28日 伊都国の文献上、考古学上に占める位置 ―論争の鍵
1月25日 東、西の大集落と大型掘立柱建物群の比較検討 ―卑弥呼の宮殿
2月22日 論争と東、西の大型墳丘墓 ―古墳の発生を探る 
3月22日 銅鏡100枚のゆくえ ―金印・銀印・三角縁神獣鏡
講座の概要 
日時・時間帯 第4火曜 10:00〜12:00
回 数 6回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
コース 受講料(税込) 申し込み
 
15,510円
コース
 
受講料(税込)
15,510円
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。