― 講座の詳細 ―
12/8 文人画の魅力―国宝『十便十宜図』を中心に
名古屋市博物館特別展「大雅と蕪村―文人画の大成者」開催記念
講師:
名古屋市博物館学芸員 横尾拓真
12/8 文人画の魅力―国宝『十便十宜図』を中心に(名古屋市博物館学芸員  横尾拓真) 
12/8 文人画の魅力―国宝『十便十宜図』を中心に(名古屋市博物館学芸員  横尾拓真) 
文人画とは中国で生まれた絵画ジャンルのひとつで、文人(学問や詩文に優れた知識人階級)が余技的に描いた絵画のことです。職業画家による技巧的な作品と対照され、精神性を重んじる点に特徴がありました。これだけ聞くと、頭でっかちで造形的魅力に乏しいジャンルと思うかも知れません。本講座では、日本における文人画の大成者として知られる池大雅(1723〜76)と与謝蕪村(1716〜84)の作品を取り上げ、文人画の造形的特徴や革新性、思想も含めた味わい方を紹介します。なかでも尾張鳴海宿(現名古屋市緑区)の豪商・下郷家が所蔵していた国宝『十便十宜図』を中心に、現代の私たちにも響くであろう文人画の素晴らしさをお伝えいたします。

名古屋市博物館特別展「大雅と蕪村―文人画の大成者」 会期12月4日〜1月30日

*参加費には展覧会のチケット代が含まれています。チケットは12月8日にお渡しする予定です。
*展覧会が中止になった場合、チケット代金(前売券価格)をご返金させていただきます。新型コロナウイルスの感染状況に寄りましては、講座自体が中止になる可能性もございます。その場合は全額ご返金させていただきます。

【画像左】池大雅『十便図』より「課農便図」 川端康成記念会蔵
【画像右】与謝蕪村『十宜図』より「宜夏図」 川端康成記念会蔵
講座の概要 
日時・時間帯 指定水曜 13:00〜14:30
回 数 1回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
コース 受講料(税込) 申し込み
 
2,970円
コース
 
受講料(税込)
2,970円
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。