― 講座の詳細 ―
上村松園の世界
幻の清少納言100年ぶり発見!
講師:
元京都市美術館学芸課長 山田 諭, 四日市市立博物館館長 吉田俊英ほか
上村松園の世界(元京都市美術館学芸課長  山田 諭, 四日市市立博物館館長  吉田俊英ほか) 
約100年ぶりに上村松園(1875-1949)の作品「清少納言図」が見つかった。その新作を確かめた名古屋の画廊オーナーから直接話を伺い、またこれを機会に明治から昭和にかけて活躍した松園の生涯を振り返ります。

10月28日 元京都市美術館学芸課長 山田 諭「上村松園の芸術に―最後の古典作家」
11月25日 四日市市立博物館館長 吉田俊英「美人絵から美人画へ」
12月23日 いづみ画廊オーナー 小山順功 
       聞き手:吉田俊英「清少納言図との出会い」

画像 上村松園 清少納言図(個人蔵)
講座の概要 
日時・時間帯 第4木曜 15:30〜17:00
回 数 3回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
コース 受講料(税込) 申し込み
 
8,415円
コース
 
受講料(税込)
8,415円
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。