― 講座の詳細 ―
出かけませんか 風の中へ光の中へ
講師:
日本写真家協会会員 塚本伸爾
出かけませんか 風の中へ光の中へ(日本写真家協会会員  塚本伸爾) 
出かけませんか 風の中へ光の中へ(日本写真家協会会員  塚本伸爾) 
出かけませんか 風の中へ光の中へ(日本写真家協会会員  塚本伸爾) 
日常の中で少し時間を作って近くの公園へ出かけませんか、光の中で色づいた葉は輝き、クモの巣は不思議模様。風が草花の香りを運び心地好い時が流れます。出会いと発見を撮影しカメラの扱い方、写真を見せる楽しさを学びます。

・10/23(土)、11/27(土)は室内でカメラの扱い方、写真の見せ方
・12/25(土)は近くの公園などで撮影実習(天候により変更有)
・その後は隔月で座学と撮影実習

【プロフィール】
愛知県瀬戸市出身。1984年写真家業開始。カタログ・建築・料理写真、ポートレートを手掛ける。特に日本の素敵な風景を守り伝えたいため、ライフワークとして自然風景を撮影している。揚琴演奏とコラボしたコンサート「見える音楽〜音像〜揚琴金亜軍×写真塚本伸爾」を各地で開催。毎年写真個展開催。写真集『季の彩 光の色』



出かけませんか 風の中へ 光の中へ
陽光は大地と大海を暖め 気温差は風を作る
雲湧き上がり風は雲を運び雲は雨になり地上へ降る
水の循環は木々を育て 山の養分は海を育てる
雨上がりの朝、陽光は雫を照らし大気を暖め風が起きる
風は葉を揺らし木に纏わり付いた雫を落とす
その下でクモは蜘蛛の巣を作る 光を浴びた蜘蛛の巣は虹色に輝く
いつも時間、同じ方向からシジュウカラの群れが食事に現れる
朝の心地好い時

暑さの中、森の木々を揺らす風は葉の香りとともに心地好さを運び
キラキラと輝く渓流ではカワガラスの子が親から餌をもらっています
ベニマンサクの葉が形良い影を地面に落しています
見慣れた草や葉、花木、虫たちが光と影の中で輝いて見えます。
風を受け不思議な世界を作っています。
近くの公園や森、山、お気に入りの場所へ出かけてみませんか
きっと素敵な出会いと発見があります。
出会いと発見を伝える為にカメラという道具をどう使うかを学び、よりよい写真にするために光と影を意識すれば効果的かを学ぶ講座です。

◆写真展 「風の中へ 光の中へ」  開催期間:6月12日〜6月25日 
  会場:春日井市中央台1-2-2サンマルシェ南館3階 催事ギャラリー

プロフィール
公益社団法人日本写真家協会会員、日本リアリズム写真集団会員。
愛知県瀬戸市出身。1984年写真家業開始。カタログ・建築・料理写真、ポートレートを手掛ける。特に日本の素敵な風景を守り伝えたいため、ライフワークとして自然風景を撮影している。写真集『季の彩 光の色』
講座の概要 
日時・時間帯 第4土曜 10:30〜12:00
回 数 6回 残席状況
センター 高蔵寺 問い合わせ先 0120-031-229
受講開始希望月 支払期間
から
コース 受講料(税込) 申し込み
 
16,830円(6ヵ月分)
 
コース
 
受講料(税込)
16,830円(6ヵ月分)
 
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。