― 講座の詳細 ―
3/25 国宝 源氏絵巻の魅力
講師:
徳川美術館学芸部部長代理 吉川美穂
3/25 国宝 源氏絵巻の魅力(徳川美術館学芸部部長代理  吉川美穂) 
3/25 国宝 源氏絵巻の魅力(徳川美術館学芸部部長代理  吉川美穂) 
国宝「源氏物語絵巻」は、『源氏物語』を絵画化した現存最古の物語絵巻で、平安の王朝文化を象徴する名画の一つとして有名です。『源氏物語』からどの場面が選ばれ、どのように絵画化されたのかを紐解きつつ、詞書の書風や料紙装飾、絵巻のたどった歴史、最新の科学的調査、修復の成果などを紹介して、その魅力に迫ります。


★右ナナメ下「資料1」をクリック! 講座のチラシ2枚がご覧いただけます★

★日程、持ち物、お知らせなど 下部【→詳細を見る】をクリックしてご確認ください!★


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「鳥獣戯画 」「信貴山縁起絵巻」 「伴大納言絵巻」 「源氏物語絵巻」
◆日本が誇る「国宝・四大絵巻」に迫る (4回通し講座)は ↓
<https://www.chunichi-culture.com/programs/program_193219.html>
◆右ナナメ下「資料2」をクリック! 四大絵巻講座のチラシ2枚がご覧いただけます◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【画像】
右:国宝 源氏物語絵巻 竹河二
左:吉川美穂講師

【源氏物語絵巻とは】
徳川美術館所蔵の国宝「源氏物語絵巻」は『源氏物語』を絵画化した現存最古の物語絵巻。もとは3巻の巻子装だったが、保存と公開の観点から昭和7年(1932)に額面装に改められた。当時としては最善の判断だったが、80余年を経て額面装による弊害が生じたため、平成28年(2016)から5年にわたる保存修復を行い、詞(ことば)と絵が響き合うよう本来の巻子装に戻した。 令和2年(2020)に全15巻の修復が完成。

【講師プロフィール】   吉川美穂 (よしかわみほ)
愛知県一宮市生まれ。名古屋大学文学部哲学科美学美術史専攻卒業
専 門:日本近世絵画史。所属学会:美術史学会
担当展覧会:天璋院篤姫と皇女和宮(2017年 徳川美術館)、尾張姫君ものがたり、国宝 源氏物語絵巻(2021年 徳川美術館)など
講座の概要 
日時・時間帯 3/25(金)13:00〜14:30
回 数 1回 残席状況
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
関係資料はこちら 資料1 資料2
コース 受講料(税込) 申し込み
 
3,300円
コース
 
受講料(税込)
3,300円
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。