― 講座の詳細 ―
日本が誇る「国宝・四大絵巻」の世界【4回通し】
講師:
明治神宮ミュージアム館長 黒田泰三, 信貴山玉蔵院貫主 野澤密孝ほか
日本が誇る「国宝・四大絵巻」の世界【4回通し】(明治神宮ミュージアム館長  黒田泰三, 信貴山玉蔵院貫主  野澤密孝ほか) 
日本が誇る「国宝・四大絵巻」の世界【4回通し】(明治神宮ミュージアム館長  黒田泰三, 信貴山玉蔵院貫主  野澤密孝ほか) 
物語などを絵で書き表わし、巻物の状態にした絵巻物。その中でも平安時代末期に描かれた「源氏物語絵巻」「伴大納言絵巻」「信貴山縁起」「鳥獣人物戯画」は日本の絵巻物の傑作です。いずれも国宝に指定され、美術的価値は言うまでもなく、当時の世相を映し出す貴重な歴史資料でもあります。各回それぞれの絵巻物に精通した専門家を招き、その魅力に迫ります。全4回講座(1回ごとの受講も可能です※お申し込み先は別ページです。)

【日程・内容】
◆2月25日(金)13:00〜14:30
「鳥獣戯画」の謎に迫る―京都国立博物館研究員・井並林太郎
ウサギやカエルの生き生きとした姿が有名な絵巻「鳥獣戯画」。実は誰が描いたか、どんな意味が込められているかなど、分からないことだらけなのです。近年の修理や展覧会での最新の成果を基に、謎解きの手掛かりをお伝えします。
◆1回受講の案内は ↓
<https://www.chunichi-culture.com/programs/program_192990.html>

◇3月4日(金)15:00〜16:30
「信貴山縁起絵巻」と毘沙門天信仰 寅年を迎えて―信貴山玉蔵院貫主・野澤密孝
庶民の姿や犬猫の姿をユーモラスに描いた「信貴山縁起絵巻」。主人公は10世紀に活躍された命蓮上人です。物語の背景にある仏教の教えを踏まえながら、歴史的資料としても貴重な絵巻物を解説します。
◇1回受講の案内は ↓
<https://www.chunichi-culture.com/programs/program_193066.html>


◆3月18日(金)13:00〜14:30
伴大納言絵巻を読み解く―明治神宮ミュージアム館長・黒田泰三
国宝「伴大納言絵巻」は絵巻の中の絵巻とも称され、また日本絵画の最高傑作と非常に高く評価されています。そこで本講演では、「伴大納言絵巻」をじっくり鑑賞し、その美術的価値を理解していただき、さらに最近の研究によって解明され始めたいくつかの謎について考察します。
◆1回受講の案内は ↓
<https://www.chunichi-culture.com/programs/program_193092.html>


◇3月25日(金)13:00〜14:30
国宝 源氏物語絵巻の魅力―徳川美術館学芸部部長代理・吉川美穂
現存最古の物語絵巻、国宝「源氏物語絵巻」。「源氏物語」からどの場面が選ばれ、どのように絵画化されたのかをひもときます。詞書の書風や料紙装飾、絵巻のたどった歴史、最新の科学的調査、修復の成果などを紹介して、その魅力に迫ります。
◇1回受講の案内は ↓
<https://www.chunichi-culture.com/programs/program_192988.html>
講座の概要 
日時・時間帯 指定金曜 13:00〜14:30
回 数 4回 残席状況 ×
センター 問い合わせ先 0120-53-8164
関係資料はこちら 資料1
コース 受講料(税込) 申し込み
  
11,880円
コース
  
受講料(税込)
11,880円
■注意:
・一部の講座を除き、見学を受け付けております。
・新入会の方は、一部の講座を除き、登録料が必要となります。
・上記金額には維持管理費が含まれています。
・一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
・[受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。
 お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。
 各センターのお問い合わせ先はこちら

【残席状況の見方】
[ ○ ] 定員まで余裕があります。
[ △ ] 残席わずかです。
[ × ] 満席です。キャンセル待ち登録を受け付けます。
[ ― ] 各センターまでお問い合わせください。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。
 最新の状況はお電話にてお問い合わせください。