名作から学ぶ日本仏像史

講師
東京藝術大教授 松田誠一郎
ジャンル
芸術(鑑賞)
キーワード
  • 新講座
  • 仏像
  • 仏教美術
  • 奈良
  • 京都

この講座をSNSでシェアする

  • 講座関連画像:名作から学ぶ日本仏像史
  • 講座関連画像:名作から学ぶ日本仏像史
  • 講座関連画像:名作から学ぶ日本仏像史
  • 講座関連画像:名作から学ぶ日本仏像史
今回の講座では、飛鳥時代後期〔661-710〕から奈良時代〔710-784〕にかけての仏像を取り上げます。

第1・2回では、天武天皇14年〔685〕年に開眼供養された興福寺の仏頭を取り上げます。その数奇な伝来と造像背景に関する史料を講読するとともに、像内のようすから推定されるその鋳造の実態について詳しく説明します。

第3・4回では、薬師寺金堂本尊の薬師三尊像を取り上げます。その制作年代をめぐる論争について論点を整理しながら説明するとともに、興福寺仏頭との比較を通して、その技法と表現の特徴について考察します。あわせて、東院堂の聖観音像立像にも言及します。

第5・6回では、『法隆寺資財帳』に和銅4年〔711〕の制作と記載される法隆寺五重塔の塑像群を取り上げます。東面の維摩詰像土を中心に、各面の図像表現について解説した上で、その制作の背景に見え隠れする、釈迦と聖徳太子とを重ね合わせる意識に言及します。また、塔の解体修理で判明した須弥壇改変の事実と、塑像群の制作年代をめぐる論点についても、私見を交えながら解説します。

■テキストは各自購入ください。
水野敬三郎著『奈良・京都の古寺めぐり 仏像の見かた』(岩波ジュニア新書89)、岩波書店。946円。
講師プロフィール
東京藝術大教授 松田誠一郎


講座概要

日時
第4月曜 13:00〜15:00
日程/カリキュラム

2024年422日(月)

2024年527日(月)

2024年624日(月)

2024年722日(月)

2024年826日(月)

2024年916日(月)

9/30分、時間変則

2023年85日(水)

受講料(税込)

19,800円(6回分)

残席状況

定員まで余裕があります。

残席状況の見方
持ち物

9月のみ時間帯が変更になります。

筆記用具

■テキスト各自購入

水野敬三郎著『奈良・京都の古寺めぐり 仏像の見かた』(岩波ジュニア新書89)

岩波書店/946円

備考

問い合わせ先
栄中日文化センター 0120-53-8164

注意事項

  • 内容・日程は変更になる場合がございます。ご了承ください。
  • 講座により締め切り日が異なります。
  • お申し込みの人数によっては、開講中止となる場合もございます。
  • 新入会の方、または、13ヵ月以上受講がない方は、登録料550円(税込)が必要となります(特別講座を除く)。
  • 受講料には維持管理費が含まれています。
  • 一部の講座の受講料には音楽著作権使用料が含まれています。
  • 受講料(維持管理費含む)改定時には、一部システムの都合で正しく表示されない場合がございます。「講座内容確認ページ(STEP1)」にてお支払い金額をご確認ください。
  • 一部の講座を除き、見学を受け付けております。
  • [受講申し込み]ボタンが表示されない講座は、インターネットからの受付ができません。お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。