文学・創作
◆古事記・日本書紀を読む
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,000円+税)
本年は日本書紀成立1,300年の記念の年である。
すなわち元正天皇の命によって舎人親王(とねりしんのう)編により、養老4年(720年)に成立した。
編年体で書かれた公的な歴史書で六国史(りっこくし)の初めである。
今回は神代巻を中心に多くの異伝が掲げられている正文(正伝)を中心に読んでいき、できるところは「古事記」との差も考えてみたい。
●第3金曜10:00~12:00
●元金城学院大学教授 片山武
●6カ月(6回)分10,800円+税

◆~不朽の名作~ 源氏物語を楽しむ 
~蓬生(よもぎふ)の巻・関屋の巻~
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,000円+税)
源氏の庇護が得られず、常陸の宮邸で窮乏生活していた末摘花を、源氏がようやく思いだし、感動の再会を果たします。夫の常陸介の任期が明け、上京の折、石山詣での源氏の行列と行き会った空蝉の、悲しい運命が語られます。
● 第1・3木曜日 10:00~11:30
● 椙山女学園大学名誉教授 梅野きみ子
● 3ヵ月(6回)分9,600円+税(教材費別途)



◆時代背景から楽しむ万葉集
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,000円+税)
素朴で健やかな上代日本人のあるがままのの姿を見出すことができる万葉集。日本全土にわたり詠まれている作品を味わい万葉びとのこころに迫ります。
● 第2・4金曜日 10:00~12:00
● 元金城学院大学教授 片山 武
● 3ヵ月(6回)分9,600円+税

◆詩の朗読と作り方 詩をよむ歓び
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,000円+税)
詩をよむことは、日常に新しい風を入れること。詩は遠い所にあるものでも、堅苦しいものでもありません。身近な所に詩を見つけてみましょう。
● 第3水曜日 10:00~12:00
● 日本現代詩人会 大石ともみ
● 6ヵ月(6回)分10,800円+税



◆短歌教室
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,000円+税)
やさしい文法や作り方の基本から、現代歌人の作品の鑑賞などを勉強します。
● 第1・3 火曜日 10:00~12:00(入門)
 第1・3 金曜日 10:00~12:00
● 日本文芸家協会会員、現代歌人協会会員・大塚寅彦
● 3ヵ月(6回)分9,600円+税

◆俳句を楽しむ
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,000円+税)
17文字の中に自然や人生を詠み込み、自分の世界を表現できる俳句の人気が高まっています。基礎知識、名句鑑賞、実作を指導します。
●俳人協会会員 松籟同人、高橋 毅
●第1・3火曜 13:00~15:00
 第1・3金曜 13:00~15:00
●9,600円+税(3ヵ月分)



※火曜クラス、 金曜クラスを選択して講座名欄に入力して下さい。
◆はじめての俳句
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,000円+税)
初心者を対象に、俳句に関する基礎知識、17文字からなる楽しさを学びます。実作や批評、古典や現代名句の鑑賞も行います。
● 第1・3日曜日 13:30~15:30
● 第2・4木曜日 15:15~17:15
● 俳人協会会員、笹同人・澤田健一
● 3ヵ月(6回)分9,600円+税

※講師のホームページはこちら

 
up ↑ 
 
 
メールでのお問い合わせ:toyo-chu@hm5.aitai.ne.jp
   
 
   
 
(更新の都合により終了講座が掲載されている場合があります。ご了承ください。)
 
2020年10月更新
 
(C)2020,The Chunichi Shimbun,All Rights Reserved.
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます