中日新聞社文化芸能局
歴史・芸術・社会・宗教 ※印の講座は1日体験が可能です。(参加費、教材費別途)
◆神山里美の 癒しの寺歩き〜ゆかりのお菓子とともに〜
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、
 1回体験可(要申込、受講料2,592円(お菓子付)受講料2,160円(お菓子なし))
お寺の魅力をひとことで表すとしたら、それは「癒し」です。お寺には、人の心を癒す何かがあります。お寺の写真をご覧いただきながら、1,000カ寺以上をめぐった講師が、その魅力をご紹介します。また、その土地ゆかりのお菓子をお取り寄せし、和菓子の文化も一緒に味わっていただきます。「行った気になる」「行きたくなる」肩肘張らない愉しい講座です。

●第2土曜 13:00~14:45
●寺・コンシェルジュ 神山里美
●3カ月(3回)分7,200円+税
※教材費含む

◆韓国の歴史と文化
 ~韓国現代史入門講座~
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,080円)
韓国の現代史をわかりやすく学ぶ入門講座です。
植民地支配からの解放、朝鮮戦争、民主化闘争そして21世紀へー 日韓国交正常化50周年が経過した今こそ知るべき韓国現代史。韓国の国政を担った歴代大統領の人物像と治世を年代順にわかりやすく解説します。

●第1土曜 10:30~12:00
●日韓文化研究所所長 尹 大辰 
●6カ月(6回)分12,000円+税

◆画題で読み解く日本の名画
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,080円)
寒山拾得、蜆子和尚、酒呑童子、富士山、天橋立、伊勢物語、源氏物語など、日本の古い絵を見ていると、よく絵に登場する人物や風景、物語があることに気が付きます。
こうした約束事は、当時の人々には常識でしたが、現代の我々にはやや縁遠いものになってしまいました。
そこでこの講座では、美術鑑賞に役立つ日本美術の約束事を、スライドを使って学びたいと思います。
4月から始まるビギナー向け講座です。全5回。

■第3金曜 10:30~12:00
■日本の国宝50著者 佐藤晃子
●5カ月(5回)分 10,000円+税

◆みんなで読む古文書~くずし字読解を楽しむ~
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,620円)
古文書を読み解くことで先人の考えや歴史に直接触れる、そんなよろこびを一緒に味わってみませんか。初めての方から読める方まで、くずし字読解と詳細な解説を通じて広がる「未知の歴史の世界」へ、ようこそ。
● 第2・4水曜日 10:00~12:00
● 歴史研究者 萩原淳也
● 3カ月(6回)分 12,600円+税(教材費含む)
※初回コピー代別途300円



島津義弘宛豊臣秀吉朱印状

徳川家康禁制
◆歎異抄に学ぶ
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,080円)
日本でもっともよく読まれている仏教書の一つといわれる『歎異抄』。親鸞聖人という鎌倉時代のひとりの仏教者の語録が記録されたこの『歎異抄』は、ながい歴史のなかで、多くの人々の苦難に寄り添ってきました。今回はこの『歎異抄』を読み解きながら、自らの生きるうえでの視点や考え方について、尋ねていきたいと思います。



●第4土曜 13:00~14:30
●同朋大学仏教文化研究所所員 川口 淳
●5カ月(5回)分9,000円+税

◆豊田市の史跡を巡る
※教室時、30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、体験可(要申込、受講料1,080円)
豊田市内には興味深い、豊かな史跡・文化財が多く残っています。地区・町別に現地見学に重点を置き、気分をリフレッシュさせながら、体験的に学んでいくことを考えます。
猿投山を初めに、豊田市を北方→東方→南方→西方→豊田市街地と時計回りに順次一周しながら学んでいく予定です。



■第1・3火曜日 15:30~17:00
(現地学習は午前から行う場合もあります)
■元桜花学園大学非常勤講師 竹内尚武
■3カ月(6回)分 9,600円+税



◆東海の巨木と歴史めぐり
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1日体験可(要申込、受講料1,620円)
豊田市近郊を中心にその土地の歴史・文化について座学と現地学習を行います。



■第4金曜 10:00~11:30
 現地学習は9:00~16:00頃
■愛知地名文化研究会会長 中根洋治
■6カ月(6回)分10,800円+税
※現地学習交通費別途

◆ルイス・フロイスのみた戦国日本
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,620円)
ルイス・フロイスによる膨大な著述『日本史』を読み解くことで、日本における初期のキリスト教布教の様子や戦国期日本社会の慣習、風俗や世相などの実情にせまってゆきます。
●第4水曜日13:00~15:00
●歴史研究者 萩原淳也 
●3カ月(3回)分6,300円+税


「観能図屏風」(部分)  
「日本の大名に説教する
フランシスコ・ザビエル」
(リスボン・サンロケ教会所蔵
1619-22年)

都の南蛮寺

「カズラ」
(ポルトガル国立古美術館、17世紀)
◆写経と法話
※30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,080円)
写経とはお釈迦さまが説かれた教えを自らの手で写すこと。一字一字心を込めることで、今の自らの心と向き合ってみませんか!やさしい法話の後、般若心経を写経します。
● 第1木曜日 13:00~15:00
● 曹洞宗布教師 阿部雄峰
● 6ヵ月(6回)分10,800円+税



◆戦国武将の城と歴史探訪
※教室時、30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、1回体験可(要申込、受講料1,080円)現地見学は見学、体験不可
戦国時代から江戸時代までの城や史跡を取り上げ、そこに生きた武将や歴史を彩った女性たちをしのびます。2ヵ月に1回現地学習を行います。5月開講。



※内容は変更になる場合があります。
●第4水曜 13:00~15:00
(現地学習は10:00〜16:00ごろ)
●中日古城研究会 後藤正、増田肇
●6カ月(6回)分12,000円+税
※現地学習・交通費別途


◆東海の古城と史跡を訪ねる
※教室時、30分無料見学可(申込不要、ただし受講日変更の場合有)、体験可(要申込、受講料1,080円)現地見学は見学、体験不可
戦国時代の、忘れられ、消えそうな古城から、江戸期までの城を訪ね、そこに生きた武将、歴史を彩った女性らをしのびます。2ヵ月に1回、現地学習。



■第1水曜日 10:00~12:00
(現地学習は8:30〜17:00ごろ)
■東海古城研究会 宮崎諭志
■6カ月(6回)分 12,000円+税
(マイクロバス代別途)

 
up ↑ 
 
 
メールでのお問い合わせ:toyo-chu@hm5.aitai.ne.jp
   
 
   
 
(更新の都合により終了講座が掲載されている場合があります。ご了承ください。)
 
2019年4月更新
 
(C)2019,The Chunichi Shimbun,All Rights Reserved.
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます