— 新講座 —
※事前の申し込み・手続きが必要です。
※各講座は一定人数に達しないと開講できない場合がございます。
※表示価格は消費税抜き金額です。
※記載されている写真は一部イメージを含みます。
※残席状況は随時変動いたしますので、実際とは異なる場合がございます。最新の状況はお電話にてお問い合わせください。
※全ての講座、維持管理費がかかります。1回につき50円+税が別途かかります。
※講座申し込みは画面右上部の講座申込フォームよりお申し込みください。
(2020年11月30日現在)
で習い事をはじめてみませんか?

Zoomなどのライブ配信の「オンライン講座」と、教室での受講またはオンラインでの受講が選択できる「ハイブリッド講座」の2種類があり、必要なものはパソコンやスマートフォン、タブレット、インターネット環境、メールアドレス。
あなたに合ったスタイルでご受講ください。

※受講前の準備について

【 オンライン講座 受講の手順】

※インターネット回線とパソコンまたはZOOMアプリインストールしたスマートフォン、タブレットがあれば参加できます。

① LINE公式アカウントの登録
② LINE公式アカウントから希望の講座を申し込む
③ お申し込み完了後、LINE公式アカウントから詳細メールをお送りします。
④ 受講当日は余裕をもってログインしてください。
自然のチカラをそのままに。ハーブコーディネーター資格講座 
メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト 外山真祐美
さまざまなハーブの効能や活用法を学んで資格取得を目指します。日頃感じるストレスや疲れを、大自然の恵みハーブが心身ともに優しく包み込みます。ハーブでリラクゼーションのある暮らしを。(試験料別途)女性限定。
オンラインでの参加も可能です。申し込み時にご相談ください。
●10/28、11/25、12/23、1/27、2/24、3/24(全6回)
●第4水曜10:30~12:00
●15,000円+税
●教材費2,800円+税(テキスト代)

残席状況[◯]
定員まで余裕があります。
心を癒すパステルアート
日本パステルホープアート協会公認インストラクター 和田節子

15×15cmスクエアのキャンバスに絵が苦手な方でもパステル画を上手に描ける方法をお伝えします。また、慣れてきたら自分の好みで題材を自由にして描くことも可能です。描きながら感じる癒しの時間をお過ごしください。11月2日スタート。
●第1月曜10:30~12:30
●1カ月分2,200円+税
●教材費3,200円
残席状況[◯]
定員まで余裕があります。
流行り病と仏教・仏像
高野山真言宗高家寺住職 北川宥智


高家寺「空飛ぶ厄除弘法大師」
日本では、古来より流行病によって多くの人々が亡くなってきました。そのために、他の国に比べて流行病に敏感であり、社会的な距離を始め清潔さを保つことが大切とされてきました。ところが西洋文化の影響で、いつの間にか多くの日本人の古来からの知恵が失われてきています。
プロイセンドイツの鉄血宰相ビスマルクは、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と言いました。その言葉通り、歴史を振り返りながら流行病に対して、特に日本の仏教はどうあったのかを見つめ、これからの対処法を探っていこうと思います。

【カリキュラム】
10月 流行り病と仏教
11月 厄神と流行り病
12月 流行り病と国分寺
1月  薬師如来と流行り病
2月 天皇と流行り病
3月 流行り病に対する知恵
●10/13、11/10、12/8、
 1/12、2/9、3/9(全6回)
●第2火曜13:00〜14:30
●12,000円+税
残席状況[◯]
定員まで余裕があります。
星に願いを天文学
日本天文学会所属天文研究家 浅田英夫
天文学というと、物理学や数学の難しい世界の学問と思われがちですが、決してそんなことはありません。天文学の基本は楽しく星空を眺めること。そこで、星空や宇宙の神秘を、生活に密着したもっと身近な角度から、「天文楽」としてとらえてみたいと思います。

★10月 月のミステリー~月を科学する
10月1日は仲秋の名月。月は、私たちにとって最も身近な天体であるにもかかわらずなぞに秘めた天体。月の成因、月の軌道、月の満ち欠け、月が起こす日食月食など、月を科学的に眺める。

★11月 ふたご座流星群を見よう
     ~彗星と流星の謎

星空の中に見られる流れ星やほうき星は、とても神秘的でロマンを誘う。この流れ星やほうき星はどんな天体なのだろう。この冬期待できそうなふたご座流星群にスポットを当てて、流れ星とほうき星の謎に迫る。

★12月 木星と土星が超大接近
     ~ベツレヘムの星の謎

イエスキリストの誕生を知らしめるために輝いたとされる「ベツレヘムの星」や。大晦日の除夜の鐘が響くころ南の地平線すれすれに見える長生きの星など、クリスマスから年末年始にかけて楽しめる星の話題を紹介。

★1月 今年の宇宙は何が起こる?!
    ~2021年注目の天文ショー

2020年は、6月の部分日食、10月の火星接近、木星・土星の大接近など、にぎやかな1年だったが、2021年はどんな天文ショーが起こるだろう。そこで2021年に起こる注目の天文ショーを紹介。

★2月 冬の星座探訪
    ~オリオンからたどる冬の星座

凍てつく冬の夜空には明るい星がいっぱい。とくにオリオン座は1等星を2つも持つもっとも有名な星座。オリオン座から冬の星座を探し、星々の中に隠された秘密や、ギリシャ神話のロマンに浸る。

★3月 宇宙の謎~膨張する宇宙
アメリカの天文学者エドウィン・ハッブルは、宇宙に点在する銀河までの距離を測定、銀河は遠ざかっていることを発見し1929年膨張宇宙論を提唱した。天体までの距離はどうのようにして測るのか、宇宙はどのようにして生まれたのか?宇宙の謎に迫る。
●10/7、11/4、12/2、1/6、2/3、3/3(全6回)
●第1水曜10:30~12:00 
●12,000円+税
残席状況[◯]
定員まで余裕があります。

— 平野学園教室(平野学園・ヴィジョンネクスト情報デザイン専門学校内) —
面打ち~幽玄の世界からのご招待~
日本能面巧芸会師範 小島旺雲
日本の伝統文化「能面」。ひとつの面(おもて)で、喜びや悲しみなど様々な感情を表現します。材料は目の詰まった檜の原木を使い、そこから粗削り、こなし、小づくりなどの工程を経て制作します。その後、お化粧と呼ばれる塗りと毛書きの作業を行います。そして最後に「古色彩色」をします。奥深き、能面の世界へようこそ。
●第1・3土曜13:00~16:00
●1カ月分13,000円+税
●教材費18,000円
残席状況[◯]
定員まで余裕があります。